地主の承認を得る

借地権を売却する上で注意するべきことはいろいろとあります。そんな中でも、比較的ありがちなのが地主の許可なく借地権を売却してしまうというケースです。地主の許可が必要であることを知らずに行ってしまうことも問題なのですが、知っていて許可を取るのが面倒、特に何も言われることはないだろうと勝手に解釈をして売却をするのは大問題です。

こんなことをする人はいないと思うでしょうが、実際に問題になったケースもあります。まず借地権を売却する上で、地主の許可を得るというのは当然のルールです。本来であれば利用する不動産屋がきちんと確認をするべきですし、借地権の売却には裁判所の許可も必要になります。裁判所では当然承認を得ているのか確認はするでしょうが、中にはきちんと確認しないいい加減な人もいるので、許可を出してしまえば争いになることは明白です。

このようなトラブルを避ける方法はとても簡単で、地主に一言借地権を売却したいけれど許可を貰えませんかと尋ねればよいだけなのです。たったこれだけのことを行わない、もしくは知らなかったために、無用なトラブルが発生してしまう原因になるので、最低でもこれぐらいのことは知っておくべきでしょう。必要最低限のことを知らないのであれば、借地権の売却は止めるべきです。