誰に相談するべきか

借地権の売却は難しいことが多いですし、専門的な分野でもあるので、専門家に相談することが重要になります。もちろん不動産屋に相談する人も多いのですが、場合によっては不動産屋によって主張が異なっている場合もあるのです。例えばAという不動産屋に借地権の売却について相談をしたところ、早く売却をして売却益を有効的に使用するべきだと言われ、Bという不動産屋では、殆ど売却価格がつかないと言われたとします。

実際このような事例が発生しているのですが、こんなときには別の不動産屋に相談をしても意味がないと考えてしまう人が多いでしょう。では、どうすればよいのかというと、借地権の有効活用などをメインの業務としている専門の業者に相談することをおすすめします。インターネットで借地権の相談などと検索をしてみると、いくつか業者が出てくるでしょう。

しかもトップページに借地権の相談について大々的に記載されていることが多いので、このような業者であれば安心できます。基本的に大した説明もしないで、どんどん借地権の売却を進めていくような不動産屋は信用できません。早めに専門家へ相談をすることがトラブルを防ぐことにもなるのです。まずはメールや電話で相談したい旨を告げておくとよいでしょう。

推奨リンク▼借地権の売却でトラブルを避ける方法 – 借地権の売却を行う場合の注意点や、相談するべき専門家に関する情報を記載しています

地主の承認を得る

借地権を売却する上で注意するべきことはいろいろとあります。そんな中でも、比較的ありがちなのが地主の許可なく借地権を売却してしまうというケースです。地主の許可が必要であることを知らずに行ってしまうことも問題なのですが、知っていて許可を取るのが面倒、特に何も言われることはないだろうと勝手に解釈をして売却をするのは大問題です。

こんなことをする人はいないと思うでしょうが、実際に問題になったケースもあります。まず借地権を売却する上で、地主の許可を得るというのは当然のルールです。本来であれば利用する不動産屋がきちんと確認をするべきですし、借地権の売却には裁判所の許可も必要になります。裁判所では当然承認を得ているのか確認はするでしょうが、中にはきちんと確認しないいい加減な人もいるので、許可を出してしまえば争いになることは明白です。

このようなトラブルを避ける方法はとても簡単で、地主に一言借地権を売却したいけれど許可を貰えませんかと尋ねればよいだけなのです。たったこれだけのことを行わない、もしくは知らなかったために、無用なトラブルが発生してしまう原因になるので、最低でもこれぐらいのことは知っておくべきでしょう。必要最低限のことを知らないのであれば、借地権の売却は止めるべきです。

借地権売却の注意点

借地権売却を行う場合には、いくつか注意しなければいけない点があるのですが、中にはどのような点に注意すればよいのかわからないという人もいるでしょう。かなり専門的な内容になるので、素人による勝手な判断は止めるべきです。もちろん借地権売却は自分1人ではできませんので、通常は不動産屋を利用することになるでしょう。普通の不動産屋であれば、事前に注意点などをきちんと教えてくれますし、売却前に確認をしてくれることが多くなっています。

しかし、中には儲けを優先してしまい、きちんと注意点について説明を行わない場合や、事前の確認を行わないところもあるかもしれません。あとでトラブルになっても、質問されなかったからと言い逃れをするような不動産屋もあるでしょう。このようなことがないように、最低限の注意点はあらかじめ知っておくべきです。インターネットや書籍でもある程度調べられるのですが、やはり全く知識がない場合には、専門家に相談をしてから借地権の売却を行うべきでしょう。

中には借地権の売買に詳しく、不動産関連の悩みや不安などを相談できる専門の業者もあります。このようなところであらかじめ相談をしておくか、もしくは信頼できていろいろな相談に応じてくれる良心的な不動産屋を探して相談するべきです。それから借地権の売却を行えば、安心できるでしょう。当サイトでは借地権の売却を行う場合の注意点や、相談するべき専門家に関する情報を記載しています。